忍者ブログ

Trip,Investment,Lifework...

May the happiness be with you

   
カテゴリー「ベルギー」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お世話になった ティノとこずえさん

宿主のティノとこずえさんです。
f63c6e74.jpg cb347b64.jpg

出合ったきっかけは語学交換(exchange language)だそうです。

ティノ。本名Tino Mager
職業はプロデューサー兼教師。
ティノのホームページ。
http://mymatrix.bplaced.net/a/index.php?option=com_content&view=article&id=46&Itemid=53

暇さえあれば こずえさんに擦り付いて離れません。
いつかティノは日本に行きたいそうですが、
まずどこに行きたいかというとカプセルホテルだそうです・
外国人は何の影響かはわかりませんが、カプセルホテルに興味があります。

ティノは自分と一緒で甘党。
本当は男前なのに、写真になるとクッキングパパのような笑顔を作ります。
すごい多趣味な人で、3Dwebデザイン・フライヤー作り・写真・ラップと多彩です。
ティノの印象に残っている事は、湖に一緒に行った時に気づいたら遠くの離島まで泳いで行ってたこと。半端無い体力の持ち主です。

33b38d0f.jpg

こずえさん。
ベルリンの大学に通うアート感溢れる人。
ベルリンには現代芸術に興味を持ち、
ワーキングホリデーで来てから 2年在住。

こずえさんにも色々とお世話になった。
外へのディナーに誘ってもらったり、
夕飯をご馳走になったりと。

ベルリンの分からない事や現地の詳しい情報など、終始サポートしてくれ助かった。












ティノは高校生まで東ドイツの社会主義として一貫教育され、その後ドイツ統一となった。
自分は社会主義の環境で育ってきた人と対話し、一緒に生活することは初めての体験であった。

やはり少しスローペースというか変な建前もなく、自由に生きている印象をうけた。
彼のモットーは 仕事:8時間 趣味の時間:8時間 睡眠:8時間 という生活サイクルで生きること。



ティノ達の社会主義ついて こずえさんと話す機会があった。
ティノをはじめ、元共産主義の人たちは基本的に損得感情が無いらしい。
こずえさんのアトリエのオーナーが東ドイツ人だった時は賃料がタダだったのに対して、
今の西ドイツ人はお金を請求してくるようになったと聞いた。

自分なら賃料はもちろん取る。しかし、余裕があるとタダで向こうは貸してくれる。
そこが簡単に言ってしまえば文化の違いだと思う。

資本主義の中で育ってきた日本人は、とにかく勝つか負けるかを考え・他人と常に比較し・行動する。それに対し、全てが平等にできている共産主義の中で育つと競争する精神がないので、自分のやりたいように考え・行動する。
しかし、町内全体が 家、車、テレビ、机、スプーンやフォークに至るまで、全てが同じ物を使っている生活っていうのはなかなか想像し難い。

今でも元東ドイツの人(元社会主義)は言う。ドイツが統一し資本主義になったせいで無職になった。資本主義はリストラを招く元だ。日本もそうだろ?と嘆く人も。

こられの答えは簡単には解決できない問題だと思う。
しかし、この10日間 色々と考えさせられた10日間であった事は間違いない。


※おまけ ティノとティノのお兄さんの共作です。左がティノで右が兄貴。check it ouT!!!
No more  war!!

そしてこれがティノお兄さん 笑


拍手[0回]

PR

アントワープの宿と次の予定

アントワープの宿です。
今回はユースホステル。これで一泊約15ユーロ(2550円)。
青木ちゃんありがとう、無事ホステル見つかりました。

アントワープらしくオシャレな概観であったが、中は普通のドミトリーであった。
6人部屋で男性、女性別のドミトリー。自分の部屋はオランダ人が2人、アメリカ人が2人、良く分からないおっさんが一人、おれという結構インターナショナルな部屋でした。

ベルギーの夜は蒸し暑く、蚊が大量発生していて10箇所蚊に食われ、夜はあまり眠れなかった。
しかし、2日目以降は蚊対策 万全で寝たため、何とか防衛できた。
やっぱり蚊は好きにはなれないなぁ。

abf49fcb.jpg de6ef537.jpg

明日にアントワープ(ベルギー)からベルリン(ドイツ)に移動します。
夜行で行こうと考えていましたが、予約が間に合わず・・
よって明日アントワープ→アムステルダム→ハンノーバー→ベルリンという、
沢山の経由をして、約10時間 車窓を眺めての観光になりそうです・

ベルリンでは運よく、いい宿が取れたので楽しみです
 


拍手[0回]

アントワープ市内散策

アントワープはベルギーの小さな町という印象があり、パリ・サンマロ・モンサンミッシェルと見ていた名所があまりにも大きかったため、ここは2日間で十分見物することができた。

街が小さく、都内から離れているせいか、食べ物の物価が比較的安かった。
ビールにおいては、日本よりも安く、かなりおいしいと他の日本人観光客が言っていたのを耳にした事があった。

街の所々に小さな教会があり、市庁舎は色んな旗がカラフルに飾られていて綺麗であった。
また、川沿いにはここを守っていた城があった。

b399e43d.jpg bda9ae62.jpg

aff8c378.jpg

ここアントワープもやはり公園が多く点在し、なかでも興味深かったのは500種類以上の薬草・ハーブ園とサボテン園が一つになっている公園は、見たことも無い異形なサボテン等があり、見ていて飽きなかった。

7414b19d.jpg 17bace8f.jpg

 


拍手[0回]

ネロとパトラッシュ最後の舞台~ノートルダム大聖堂

まずはアントワープで一番有名な画家、ルーベンスとその後ろにノートルダム大聖堂。
aac4e22b.jpg

ルーベンスは『フランダースの犬』において主人公のネロが見たがっていた絵画でもあり、ネロ自身目指していた画家らしいです。

正午になると、アントワープの中で一際目立つこの大聖堂から大きな鐘が鳴り響きます。
大聖堂の中に入ると、これまた大きい十字架がかけられており、みんな椅子に座ってお祈りしてました。
36367fb9.jpg 0f529dd6.jpg

下の画像に写っている一枚の絵は、ネロがいつもお祈りをしていた絵で、ルーベンスの「聖母被昇天」といい、
ネロはパトラッシュとともにこの絵の前で天国に召されて行きました。
その天井には天へと続きそうなだまし絵が描いてあり、ずっと見ていると天へと吸い込まれそうでした。

1b56e95a.jpg d4b50fec.jpg

この教会の維持費はかなりの金額の費用がかかるため、入場料が5ユーロと若干高めに設定されていましが、写真以上に色々と見所があり、払って見るだけの魅力がここの教会にはありました。

ad0511fc.jpg 06450acb.jpg

 


拍手[0回]

アントワープ(ベルギー)に到着

アントワープに無事到着。
今回はフランス・ベルギー・オランダ・ドイツの4カ国を結ぶ高速列車 タリスに乗ってきました。
444ab35c.jpg

何かの歴史的建造物を見間違いそうな、このちょっとレトロで大きいのがアントワープ駅です。

afeb82b7.jpg 93a0fd1f.jpg

ダイヤモンド取引およびカット・研磨の中心として有名な町で、世界のダイヤモンドの80パーセントはここで研磨されています。
b38990dd.jpg 36367fb9.jpg

港町でもあり、貨物船が多く来航し、ヨーロッパで2番目の大きな港があります。
また、オシャレな服屋が多くファッションの街としても名があるそうです。
(王立美術学校というモード界で国際的に有名な学校があると聞きました)
そしてなんといっても日本で有名なのが『フランダースの犬』の舞台になっている街だという事です。
明日は早速、そのアニメの最後の舞台となったノートルダム大聖堂に行ってきます。

ベルギーのワッフルも記念に食べました。ワッフルはちょこっと揚げてあり、
サクッとする食感で結構おいしかったです。
アントワープにはケーキ屋さんが街を歩いていると良く見かけます。

86d267be.jpg daa6a6dc.jpg
 


拍手[0回]

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新コメント

[02/05 オトナの即愛倶楽部]
[07/25 NONAME]
[10/22 yasu]
[10/20 seiko]
[07/10 NONAME]

プロフィール

HN:
ya$u
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1982/10/04
趣味:
読書、ネット

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- May the happiness be with you --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]