忍者ブログ

Trip,Investment,Lifework...

May the happiness be with you

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パリ市内(ベルサイユ、エッフェル塔)

ヴェルサイユ宮殿を見ないということは、フランスの心臓部を見忘れてきたようなもの。
と地球の歩き方に載っていたので行ってみました。

ヴェルサイユはパリから国鉄で約20分くらいの距離にあります。
このヴェルサイユ宮殿はルイ14世が50年の歳月をかけて作らせたものですが、
浪費がたたって財政困難、国民の生活は困窮し、フランス革命への道を歩むことになったそうです。

宮殿内にはやはり高価な絵画やオブジェが展示してあり、
画像の『鏡の間』という部屋は、宮殿内でも最も派手に装飾されています。
大きい鏡が17枚あり、その反対側には17枚の大きな窓があります。
この窓からは大きな庭園が見え、徒歩ではとても一日かけて周れないくらい広く、
庭園内のマリーアントワネットの離宮まで、徒歩30分かかるため、
さすがに行くのを断念しました。
この豪華さを見ると、たしかに財政困難になってもおかしくないのかも・と感じさせます。

89b8bde3.jpg 28248174.jpg

920206e7.jpg

その後エッフェル塔、凱旋門、オペラ座に行きました。
エッフェル塔は両サイドの公園の間にそびえ立ち、
凱旋門はシャンゼりーゼ大通りの終わりに どしりと構えていました。
凱旋門はインド門に少し似ているような気がしましたが、やはりそこはフランス。
細かい彫刻が沢山細工されていて、どちらもスタイリッシュな建物でした。

8749e555.jpg 4c2e9644.jpg

8d2d8474.jpg a0aa1ee1.jpg

昼間のエッフェル塔はテレビのままの印象でしたが、夜のエッフェル塔はまったく違った顔を持っていました。
エッフェル塔ははっきり言って、夜見なくては意味が無いと言っても過言ではありません!
ちょっと語ると長くなりそうなので、それはまた今度書こうと思います。

 


拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[02/05 オトナの即愛倶楽部]
[07/25 NONAME]
[10/22 yasu]
[10/20 seiko]
[07/10 NONAME]

プロフィール

HN:
ya$u
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1982/10/04
趣味:
読書、ネット

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- May the happiness be with you --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]