忍者ブログ

Trip,Investment,Lifework...

May the happiness be with you

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

海賊の街 サンマロ エメラルドビーチ!

----サンマロ----
17世紀の英仏海峡では『コルセール』と呼ばれる海賊が大暴れしていた。
彼らは敵国の船を奪う権利をフランス王から認めれた海賊で国家であった。
コルセールの拠点となっていたサンマロは、彼らが外国船から略奪した富のお陰で
フランス最大の港となった。
サンマロの町はフランスから独立を宣言し、国家として国旗も存在していました。
--------------

パリからTGVにて、サンマロに到着。
到着後、まず海に向かいました。
そこには今ままで見たことのないエメラルドの色の海に囲まれた開放的溢れる砂浜がありました。
(女性のトップレスにはさすがにまだ抵抗があります・)

5f631b93.jpg 1843852d.jpg

4.jpg

永遠と続く広大なビーチで、砂浜の向こうにはかつて海賊の街として栄えたサンマロの城壁が見え、海を見渡すとグランベ島という城のある離島が見えます。
サンマロは海の干満の差が激しいことで知られていて最大で14.5mもあり、潮の流れのエネルギーを利用した世界ではじめての潮流発電所も建設されました。

70c491e8.jpg 6.jpg

下の画像に浮かんでいるグランベ島も潮が引いているときは、道ができ歩いてなんと渡ることができるというちょっとロマンチックな場所です。
たまたまシャッターをきったら、こんなロマンチックな画が撮れてました 笑

d7a99da7.jpg 7.jpg


城壁の内側には今も石造りの豪華な家々が並び、かつては海賊の城下町と栄えていたと思うと、ちょっと興奮します。
建築物も良いけど、やはり自然は壮大だなと感じることができる街でした。
素晴らしい自然もあり、城もありで、ちょっとしたいい区切りになると思い、もう一泊、延泊することにしました。

ここから、直通バスでモンサンミッシェルへ明日向かいます。
 


拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[02/05 オトナの即愛倶楽部]
[07/25 NONAME]
[10/22 yasu]
[10/20 seiko]
[07/10 NONAME]

プロフィール

HN:
ya$u
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1982/10/04
趣味:
読書、ネット

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- May the happiness be with you --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]